高級賃貸から見ることできる絶景|条件にあった物件選びをしよう

内観

万が一の災害に備える

ファミリー

通常のマンションに比べ、高級賃貸マンションのつくりは同じ間取りであってもその室内はまるでホテルの一室のようなつくりになっています。最近問題視されている地震対策を行なっている高級賃貸というのも増えてきました。地震対策の方法としては、大きくわけて3つあります。地震を受けてもなお崩れることのない強固な作りの耐震構造、本来は一体となる地盤と建物を切り離して地震によるスライドは地面の揺れて建物は揺れない免震構造、ダンパーを使った振動を制御する制振というものに分けることができます。それぞれの構造にはメリットやデメリットがあります。耐震構造の場合は、構造の強度はなんと震度6まで耐えることができる強度で作られているため、よほどの事がない限り倒壊する心配はありません。しかし、地震で地面が揺れる分建物も同じように揺れるので、きちんと室内では家具や家電など地震が来た際でも問題がないよう自身で対策しておくことが必要です。免震は横スライドには強いが縦揺れに対して弱いという特徴があります。制振構造は車やバイクについているようなダンパーを組むことで振動を和らげ、建物の揺れを抑えます。高級賃貸は、建物の中身だけでなく建物の構造からしっかりとしたもので作られているため、万が一の災害時にも安心です。また、高級賃貸の場合は新築のところがほとんどであるため老朽化で崩れる心配もありません。
今後大きな地震が発生すると予想されている今、新しく住まいを探す場合には災害対策がしっかりとしたところを見つけるようにしましょう。